市民講座「舟地蔵の見てきた大庭の歴史と文化」を開催します

このたび、(公財)藤沢市まちづくり協会では、11月2日と9日の両土曜日に、市民講座「舟地蔵の見てきた大庭の歴史と文化」を2回連続で開催します。
第1回目は、市内の大庭地区の歴史や文化財について、地区内の寺院やそこに安置される仏像、そして地区を代表する舟地蔵の伝承などを中心に説明します。
第2回目は、第1回目の内容を、自身の目で確認してもらうために、講師と共に文化財巡りのウォーキングを行います。
講師は、元藤沢市文書館館長で、『湘南のお地蔵さま』の著者でもある当協会の職員、中島淳一が務めます。中島は、藤沢市内の公民館などを中心に講演を行うほか、地域情報紙『江ノ電沿線新聞』の紙上で、湘南地域のお地蔵さまを紹介する記事を連載しています。昨年中島が講師を務めた市民講座「お地蔵さま信仰について~舟地蔵はなぜ舟に乗るのか~」も、大変好評でした。

今後、「広報ふじさわ」や、公民館で配布するチラシ、ポスターなどでご案内しますが、詳しい内容は、このホームページで2回に分け発信します。是非ご覧ください!

さて、第1回目の講座の、詳細な情報をお伝えします。全体のお知らせや注意事項などを記載していますので、「市民講座のご案内.pdf」(PDFファイル 246kb )をご覧ください。

市民講座のご案内.pdf」は、こちらです。

 

 

 

 

 

 

(2018年10月9日・16日 市民講座「お地蔵さま信仰について~舟地蔵はなぜ舟に乗るのか~」)

次の更新では、講座の第2回目(11月9日)に行う文化財ウォーキングのルートや予定スケジュール、写真を掲載する予定です。

次回更新は101日(火)の予定です。 是非お楽しみに!